あなたの車大丈夫?車検WEBサイト比較

top > 車検について > よく聞くユーザー車検とは

よく聞くユーザー車検とは

 愛車を車検に出す時は、少しでも安く済ませたい考えることも一般的ですが、そんな時はこちらの比較サイトが便利です。このサイトは車検の比較サイトですから、複数の車検業者を見比べて、低価格の依頼先を探せます。ですが、ユーザー車検というものを小耳に挟んだ場合は、そちらも気になるかも知れません。
 ご承知の通り、ユーザー車検とは最安値で車検を通せる方法ですので、予算を重視する場合は外せない選択肢です。これは文字通りユーザーが自分で自動車継続検査を受ける方法のことですが、車検場の予約をはじめ、申請書類の作成から検査ラインでの操作、そして合格後の新しい車検証の交付まで、全て自分で行うことになります。中間業者を通しませんから、最も車検を安く行える訳です。

 全て自分で行うと聞きますと、なんだか難しそうですが、実はそれほど敷居は高くありません。あえて言いますと、ユーザー車検は平日の日中だけしか受けられませんので、お仕事をお持ちの場合はそれが一番のネックになるでしょう。
 しかしそこに問題がなければ、ユーザー車検も視野に入れられます。最初のステップである車検場の予約もネットから行えますから簡単です。予約当日ですが、ヘッドライトの光軸がズレていると検査に受かりませんので、テスター屋で予め調整を受けておいても良いでしょう。
 また、当日は申請書類を作成しますが、見本がありますので、それと車検証を参照しながら必要事項を記入していけばOKです。代書屋さんもありますので、記入が面倒なら、そちらに頼んでも良いでしょう。
 そして検査ラインに入る前には、係官による検査もありますが、事前にユーザー車検であることを告げておきますと、指示を出してくれます。後はその指示に従って、ウインカーなどの操作を行いましょう。

 検査ラインに入りますと、サイドスリップやブレーキの検査、そして排気ガスやヘッドライトなどの検査を行いますが、いずれも簡単です。もしもユーザー車検で留意する点があるとすれば、それはスピードメーターの検査でしょう。これは駆動輪を回転ドラムの上に乗せ、指定された速度まで加速していきますが、蛇行する場合もありますので、手でしっかりステアリングを固定しておきます。
 加速する時は徐々に速度を上げていくことがコツですが、MT車ならいつも通りシフトチェンジして加速しましょう。この工程は普段ではなかなか体験できないことですから、まるでアトラクションのような楽しさが味わえます。
 それが終わりますと、下回りの検査を受けます。この検査では指示に従ってフットブレーキを踏み続けるぐらいしか、やることはありません。検査場によりましては順番などが前後することもありますが、いずれの場合でも、拍子抜けするほどユーザー車検は簡単に終了します。そして、愛車の点検整備も自分で行いますと、重量税や自賠責保険料や検査手数料などの実費だけで済みますので、最安値の車検が実現します。

次の記事へ