あなたの車大丈夫?車検WEBサイト比較

top > 車検について > 車を改造している方は車検の際に注意をする

車を改造している方は車検の際に注意をする

車を改造している人は車検で不合格になってしまう可能性がある事を覚えておきましょう。
自分では合格で問題なく車検を受ける事ができると自信を持っていても不合格になってしまう事があります。
合格する基準に戻してから作業をしてもらうようにしましょう。
また改造している方は、切れてしまう少し前に作業をしてもらうようにしましょう。
1ヶ月前から作業をしてもらう事ができますが、不合格になってしまうと再度受けなくてはなりません。
翌日に車検が切れてしまう場合は期限が来てしまい走る事ができない車になってしまう事もあります。
もちろん店によっては合格できる基準に戻してその日のうちに再度作業をしてくれる場合もありますが、迷惑をかけてしまう事になります。
作業をしてもらえる時期になったらすぐに一度作業をしてもらうようにしましょう。
この行動を行うと不合格になってしまった際も切れてしまうまでに期間があり余裕ができます。



車検を受けるまでの流れを把握しておこう

自動車を購入された方の中には、初めて車検を受ける方も大勢いらっしゃるでしょう。
殆どの場合はディーラーや整備工場が全て作業を行ってくれますが、ご自身でも揃えなくてはいけない書類等があるので覚えておきましょう。
まず、必ず必要になる書類は車検証、自賠責保険証、自動車税納税証明書、定期点検記録簿となります。
その他にも印鑑も持参していきましょう。
そして、突然お店や工場に訪問しても断られる可能性が高いです。
事前に予約を行う必要があるので、期限がギリギリに受けようと考えている場合は予約が取れない事もあります。
1ヶ月前から受ける事が出来るので早めの行動を心掛けておきましょう。
また、曜日や時期によって一日では終わらない事もあります。
通勤で自動車を使用されている方は代車を借りる事が出来るかを事前に聞いておきましょう。



ディーラー車検のメリットは果たして何なのか

車検に関してですが、ディーラーに依頼可能なものがあります。
ディーラー車検にはメリットがあります。
それはどのようなものなのかというと、正確な情報・ノウハウが集結しているということです。
ディーラーに関しては、幅広いモデルの最新情報を備えており、サービススタッフもメーカーから伝わる特殊訓練を受けることで、知識・スキルを学んでいます。
専用工具・車両管理システムも備えているため、その車を扱うのに最適な情報・ノウハウが集結していると言ってもいいでしょう。
車を買った当初からディーラーでメンテナンスを依頼している際には、点検整備の時期・定期交換部品などをしっかりと告げてくれます。
それから、今現在の愛車を手放してしまう際にディーラーに、車検・点検整備を依頼していると、査定の時にお得感を得られることもあります。

次の記事へ