あなたの車大丈夫?車検WEBサイト比較

top > 車検について > 車検の有効期間が過ぎてしまった場合

車検の有効期間が過ぎてしまった場合

車を公道で走行させる場合には車検が有効期間中であるという必要があります。
有効期間外で公道を走行していると無車検車運行で違反となり罰則が科せられます。
有効期間が終わる前に受けることが必要ですが、1ヶ月前から受けることができます。
わざとでなくてもうっかり切れてしまうことがあります。
切れてしまった時点で公道は走らせることができないため、有効期間が切れている場合には仮ナンバーをつけて走行して車検を受けにいくか、業者に依頼をしてトラックに車を積んでもらって受けに行きます。
仮ナンバーは法律で決められているナンバーです。
取得する方法は車がある所轄の役所にて手続きを行います。
申請に必要な書類は運転免許証、印鑑、自賠責保険証の原本、運行する車を確認するための書類、そして手数料です。
仮ナンバーは貸し出しで申請当日を含めて3日間です。



軽自動車も普通自動車と同じように車検は必須

軽自動車にも普通自動車と同じように車検があり、2年に一度または新車購入時の場合には3年に1度受けなければなりません。
普通自動車の場合には自動車検査登録事務所で受けますが、軽自動車の場合には軽自動車検査協会で受けます。
隣接していることはほとんどなく場所がまったく異なる場所にあり、普通自動車と同じように事前に予約が必要です。
自分で受ける場合には普通自動車と軽自動車では一番異なる点が下回り検査です。
普通自動車の場合には車を置く場所の真ん中が空洞になっていて車をのせて、空洞から検査官から下回り検査を行います。
ところが軽自動車の場合には軽自動車をリフトにのせて、リフトが上がって検査官が下回りの検査を行います。
その際リフトにあがった車には自動車に人が乗った状態で行うため高い位置に行くためはじめての場合には驚きます。



車検は業者によって値段が異なります

自動車は新車や中古車などを購入しますが、一定期間が経過しますと車検を行うなどして法律で定められた点検整備を行い対応する必要が有ります。
これらの際に必要となる費用については、ディーラーや専門業者などによって違いがあります。
その理由としましては業者によって工賃設定が異なる事や、或いは車検を代行する際に手数料が必要となるケースが有るからです。
そこで車検をお得な価格で実現するには比較サイトを活用する事がお勧めです。
ここでは保有している自動車の車種や年式などの基本情報を入力しますと、希望する業者に相見積もりをスピーディーに依頼する事が出来ます。
これに加えて候補として絞り込んだ会社の営業時間や点検整備の進め方、そして対応納期やレンタカーの貸し出し有無なども確認しながら検討を進めて行く事が可能となります。

次の記事へ