あなたの車大丈夫?車検WEBサイト比較

top > 車検について > 車検を安く済ませる方法があります

車検を安く済ませる方法があります

車検を受けるときには、依頼をするところを選ぶところから始まります。
その中で、ディラーやガソリンスタンドに依頼をして行ってもらう人が多いのですが、その分整備費などの費用が必要になります。
その点、極力安く抑えたいという人はユーザー車検という方法もあります。
これは、自分で整備をして走行上問題がないようにして検査を受けます。
運輸支局の近くにある民間の検査場がありそこで、予備検査をしてもらうと安心です。
これによって、ブレーキやライトなど必要最低限の部分を調整してもらうことになります。
しかし、整備に時間がかかる部分もありそうなるとその日は受けることができません。
そのため、できるだけ早く予備検査をしてもらうことが大切です。
そして、検査票や重量税納付書などを記入して準備をしておきます。
その後、検査コースを通して不良個所がないか確認して異常がなければ車検証が交付されます。
ちなみに、費用としては法定費用の部分となります。
そのため、しっかりと整備されていれば安く抑えることができます。



車検は必ず期日を守り、なるべく早めに受けよう

車検はいつまでに受けて下さいと、期日は予め決められていますが、ギリギリよりも何週間か期日に余裕を持って受けることをお勧めします。
なぜならギリギリでも良いという考えでいて、急な用事などで後回しにしてしまうとあっという間に期日が迫ってきてしまい、万が一期日を過ぎてしまうとそのまま運転していては違反車という扱いになってしまうからです。
面倒なことにならないようにお車のことを最優先にすべきです。
車検を受けるべき日を過ぎてしまってもお車に問題が起きないこともありますが、だからといって自分勝手な判断でいると、他の人にも迷惑が及んでしまう可能性も生じやすくなります。
問題が起きてからでは時既に遅しです。
ちょっとした間違いで大きな負担を背負わないように、ルールをきちんと守って正しいカーライフを続けていくことが理想的です。



一番安く車検をするためのポイント

マイカーを持つことでそれまでは必要がなかった支払いがたくさん出てきます。
交通事故を起こしてしまった場合に、被害者への弁償をしてくれるのが大切な任意保険です。
毎年4月に請求が来るのが自動車税といって、車の排気量が上がると支払金額が増えていきます。
そして、2年に1度受ける必要があるのが車検です。
2年に1度というとあっという間なので、このために貯金を貯めておかないと、車検が切れて車に乗ることが出来なくなります。
出来るだけ安くやってもらうためにはユーザー車検がおすすめです。
普通はディーラーや整備工場に持っていって店員さんにやってもらうのですが、陸運局に自分で持っていって検査も自分で行います。
自分で行うので人件費が不要だったり、短時間で終わらせることが出来ます。
作業自体も簡単なので、チャレンジしてみましょう。

次の記事へ